ほぼ乗馬、ごくたまに競馬日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 90鞍目

<<   作成日時 : 2009/04/03 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

お馬さん:クラウディア
INSTR  :Motoki先生

初めてのモトキ先生。久しぶりにクラウディア。
今日は、前回の反省をもとに鐙が深くならないように気をつけてみる。
が、最初のうち上手くいかず。
だんだんやってきたわかったこと。

鐙を踏もうと思って、つま先に力をかけると返って逆効果。
軽速足の時、大きく立ちすぎるのもよくないみたい。(あぶみが長いかなぁ)
そうすると踵が上がってしまってずれやすくなる。
軽速足で立つ方向と立ち方が重要。膝をやわらかくして、踵が上がらないように
あまり前に行き過ぎない。

拳が結構上下していることが指摘されてわかった。
で、どうも肘をつっぱりすぎていると馬の首の動きにつられて(=ひっぱられて)
上下してしまうことを教えてもらう。
肘をやわらかくして、馬の首の動きに拳をあわせてやると・・・
上下しない。

ほう、「手があがらないように!」といわれて肘に力を入れて手を下においておこうと
するとかえって直らないものらしい。

あと、今日は、
*あごを引くこと
*へそから体を前へ出すこと。
などをアドバイスをもらう。

先生によって視点が違うので、いろいろためになる。
得ることの多かった練習でした。

ちなみに、一人部班だったのでやや疲れました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私もしょっちゅうItodai先生に
あごをひくように注意されます。

ちなみに肘をやわらかくするようにも
よく注意されます。
ちろ
2009/04/04 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
90鞍目 ほぼ乗馬、ごくたまに競馬日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる